フッ素コーティングの業者が出す離型剤はおすすめのアイテム

離型剤

生産性向上のためにはワックス系よりもフッ素コート剤使用の離型剤

プラスチックやゴム製品を大量生産するにあたり、生産性向上のためにできることは沢山あります。その一つが、製品の成形過程を可能な限り合理化することで、これは、フッ素コート剤を使用した離型剤を利用することで可能になります。
例えば、ワックス系の離型剤を使うと、金型に塗布したワックス系離型剤が成形物に転写してしまいます。離型剤がべっとりと成形物に付着した状態では製品としてその後の加工も出荷も出来ないため、離型剤を洗浄して綺麗に落とすという工程が追加で必要になります。その点、フッ素コート剤が主成分の離型剤を使うと、金型内壁に形成されたフッ素樹脂塗膜は、成形物を型から分離する際、成形物に付着することがありません。そのため、その後の洗浄という工程をスキップして、次のステージに直接進むことが可能です。
成型過程で、洗浄という手間のかかる工程が一つ減ることで、規格品を大量生産することが多いプラスチックやゴム製品の製造現場では、大幅な時短が可能になります。その分、単位時間あたりに製造できる製品数は増えますので、生産性の向上は著しいものとなるでしょう。より高い生産性を求めて製造プロセスの見直しをはかるのであれば、離型剤を、ワックス系からフッ素系に切り替えることを検討してみるといいでしょう。

ゴム製品はフッ素コートの特性を活かした離型剤で完璧な成型が可能

身近にあるゴム製品の一つに、圧力鍋の蓋についているパッキンがあります。パッキンは、圧力鍋を使っているうちに徐々にその密閉性が劣化するため、ある程度のところで交換する必要があります。スペアのパッキ…

VIEW DETAIL

引火性のないフッ素コート剤使用の離型剤の高い経済性

シリコン製品やゴム製品を製造している会社では、良質のシリコンやゴムをなるべく安く仕入れる必要があります。更に、成形作業の品質と効率を左右する離型剤も、なるべく少量で高い離型効果を発揮し、かつ持続…

VIEW DETAIL

生産性向上のためにはワックス系よりもフッ素コート剤使用の離型剤

プラスチックやゴム製品を大量生産するにあたり、生産性向上のためにできることは沢山あります。その一つが、製品の成形過程を可能な限り合理化することで、これは、フッ素コート剤を使用した離型剤を利用する…

VIEW DETAIL

離型剤についてはフッ素コート剤専門メーカーに相談しよう

シリコンやプラスチックを用いた製品は、最近ではどんどん小型化、スリム化が進んでいます。時代の流れとして、何でも軽量でコンパクト、持ち運びしやすく、どこでも使える、製品の仕様としてこのようなものを…

VIEW DETAIL