フッ素コーティングの業者が出す離型剤はおすすめのアイテム

離型剤

フッ素コート剤特有の特徴によって発揮される離型剤の離型効果

薬瓶

フッ素コート剤は様々な産業において、色々なタイプの製品に形を変えて活用されています。それというのも、フッ素コート剤は噴射したり塗布したりすると、フッ素樹脂の薄い被膜が出来、その被膜が幅広い実用品にとって役に立つ特徴を数多く備えているためです。その特徴の一つが非粘着性で、この特徴が最も有効に活用されている製品の例として、離型剤を挙げることができます。
シリコン、プラスチック、ゴムといった素材は、日常生活を円滑に進める上でかかせない便利な無数の製品に利用されています。こういった素材が製品として役に立つようになるには、いくつかの製造工程を経なければなりませんが、その一つが成形というステップです。素材に形を与えるこのステップでは成形ツールとして金型を使いますが、この金型から成形物を綺麗に剥がすためのサポートツールとして使われるのが離型剤です。
フッ素コート剤が主成分の離型剤は、その優れた非粘着性という特徴のお陰で、非常に高い離型効果を発揮します。特にフッ素樹脂被膜は、薄くても離型効果が優れているため、フッ素系離型剤を使えば、繊細なデザインのものでも問題なく離型できることや、大量に使用しなくても済むので経済的であることも、大きなメリットとして高く評価されています。

フッ素コートですべりをよくしてゴム製品等を綺麗に形造れる離型剤

クッキーを焼く時に綺麗に形を揃えたければ、抜型を使ってクッキー生地の型抜きをします。プラスチックやゴム製品を作る場合も同じで、この場合、使われる型は金型と呼ばれます。
クッキーを綺麗な形に焼き上げるのに型は必要ですが、それで十分かと言えば、そうではありません。クッキー生地に水分が多めに含まれていたりすると、生地が型に粘着して、綺麗に成型出来ない場合があります。そのようなことが起こらないようにするにはどうしたいいか。抜型の内壁にオイルやバターを塗っておけば、すべりが良くなるので大丈夫です。プラスチック製品やゴム製品の成形に使う金型も同様で、こちらではオイル等の代わりにフッ素コート剤を主成分とする離型剤を塗ります。
金型に離型剤を塗ると、抜型にオイル等を塗った場合同様、金型のすべりがよくなります。すべりがいいとは、つまり、金型に流し入れたゴムやプラスチックが、型表面にくっつかないということです。ここでは、フッ素コート特有の非粘着性という特徴が生かされています。生地に相当するゴムやプラスチック原料が金型にくっつかないため、成形物は型崩れや破損を起こすことなく、スムーズに外すことができます。離型剤を使うと、このようにして、綺麗に製品を形造ることが出来るのです。

薄型などの成形困難な製品の離型剤にはフッ素コート剤が主成分のもの

手作業で何かを作る場合、サイズの小さいものや形が複雑なものほど作業が難しく、より慎重に取り組む必要があります。食べ物でもそうですし、プラモデルやハンドメイド品などでも事情は同じでしょう。工業製品も例外ではなく、例えばシリコンやゴムなど基本的に扱いやすい素材であっても、デリケートな形状のもの、極度にスリムな製品、或いは極小の製品や部品となると、製造にはかなりの神経を使いますし、また道具もいいものを使う必要があります。
そういった成形に神経を使う製品を離型する際には、フッ素コートの特性を生かしたフッ素系離型剤を使うと、作業中のストレスもトラブルも大幅に減らすことができます。というのは、フッ素コートのフッ素樹脂塗膜は、薄くても強力な離型性能を持つため、スリムな製品は勿論のこと、極細のゴム、シリコン製品や部品、超小型、あるいは複雑に入り組んだ形状を持つ製品であっても、破損なしに成形物と金型を分離させることができます。
更に、離型剤が成形物に転写することが殆どないため、成形後の洗浄操作を省略することができ、その過程での製品の破損、その過程に要する時間と労力を省くことが出来ることも、フッ素系離型剤の大きな利点です。


フロロテクノロジーの離型剤なら従来の離型剤では抜けない形状の成形や、割れやすい薄物の成形が可能です!
引火性のない不燃性溶剤を使用しているので安全にお取り扱いいただける製品です。

ゴム製品はフッ素コートの特性を活かした離型剤で完璧な成型が可能

身近にあるゴム製品の一つに、圧力鍋の蓋についているパッキンがあります。パッキンは、圧力鍋を使っているうちに徐々にその密閉性が劣化するため、ある程度のところで交換する必要があります。スペアのパッキ…

VIEW DETAIL

引火性のないフッ素コート剤使用の離型剤の高い経済性

シリコン製品やゴム製品を製造している会社では、良質のシリコンやゴムをなるべく安く仕入れる必要があります。更に、成形作業の品質と効率を左右する離型剤も、なるべく少量で高い離型効果を発揮し、かつ持続…

VIEW DETAIL

生産性向上のためにはワックス系よりもフッ素コート剤使用の離型剤

プラスチックやゴム製品を大量生産するにあたり、生産性向上のためにできることは沢山あります。その一つが、製品の成形過程を可能な限り合理化することで、これは、フッ素コート剤を使用した離型剤を利用する…

VIEW DETAIL

離型剤についてはフッ素コート剤専門メーカーに相談しよう

シリコンやプラスチックを用いた製品は、最近ではどんどん小型化、スリム化が進んでいます。時代の流れとして、何でも軽量でコンパクト、持ち運びしやすく、どこでも使える、製品の仕様としてこのようなものを…

VIEW DETAIL